お湯で割ると、どこに隠れていたのかと驚くほどの香りが立ち上る。しかし「遠賀の赤芋」の真骨頂はロックで味わってもらいたい。
「赤芋」をキンと冷やして氷を入れたグラスにそそぎ込む。鼻孔で感じる香りとは違った、鮮烈で複雑な香りをからだ全体で愉しんでいただけるだろう。