麹作りの原料米にも特別なものを使いたかった。遠賀町が誇るブランド米「夢れんげ」を選んだ。
春先に田んぼにれんげや菜の花を植え、花の終わる時期に花と一緒に田を耕し緑肥として作付する。地力が上がり、自然の肥料で作るため旨い米には恵まれるのだが、年間を通して田んぼの世話をしてやらなければならないためとても根気と手間のかかる農法だ。この贅を尽くした米を惜しげもなく麹米に使った。